法律的観点からの経営コンサルティング

経営コンサルティングを業とする人は、何も弁護士だけではありません。それこそ、占い師の人だって、経営者の相談に乗るケースはあるわけで、それも立派な経営コンサルティングです。

私は弁護士ですが、法律の専門家として、やはりどこまで攻めて良いのかという法的な限界値を踏まえた経営コンサルティングを行えることが強みであると感じております。

法律的なことを何も踏まえずに、ただ強気のアドバイスをしたところで、それは有害でしかありません。経営を考える上で、法的知識は、必要不可欠なものでしょう。

弁護士を相談役として身近なところに置いておくことは、非常に意味のあることです。会社の規模によっては社内に専門的な法務部を構えるところもありますが、より客観的な立場からのアドバイスを得るという意味において、なお顧問弁護士の存在意義は否定できないでしょう。

E-mail(mail@lawyer-nakao.com)

LINE ID(s10h15)