辞める前に言っておけばいいのに

中尾です。大阪弁護士会館より、ブログを書いています。

 

瀬木比呂志という元裁判官のインタビュー記事を発見しました↓

元裁判官が赤裸々に暴露「この国の司法では良心を貫くと挫折する」

権力というのは必ず腐敗するものなんです。そして、本来、司法というのは権力をチェックするのが役割です。人が支配するのではなく、憲法や法律が支配する仕組みにしないといけない。

だから、個々の裁判官だけが悪いんじゃないんです。日本人はそういう問題の立て方をしがちですが、それは違う。「権力構造」に問題があるんです。いい人がいても、押し流されてしまう。基本的な構造こそがまず問題にされるべきなんです。

この人は、33年間にわたって裁判官という職に就いていた人です。裁判所という組織に対して絶望したという割には、裁判官という地位に長らく就いていたわけです。

 

 

長期にわたって所属していた裁判所という組織を、いざ自分が辞めてしまったら、痛烈に批判する。そして、「個々の裁判官だけが悪いんじゃないんです。」などと、あたかも自分のことを棚に上げるかのような言い方をしているのです。

 

痛烈に批判したくなるような組織に、なぜそんなにも長期にわたって属していたのか。その疑問が解消されない限り、素直に読み進めることはできません。

 

裁判官を辞める前に、これぐらいの批判をしておけば、かっこよかったはすです。結局、自己保身に走りたいだけなのでしょう。